運転免許の取得方法や流れについて

合宿免許のメリット

Permalink

免許取得までの流れからわかるように、学科教習、技能教習ともに、それぞれの段階で受講しなければならない時数が定められています。教習所に通学しながら受講しようとすると、スケジュールの都合により、どうしても連続して教習を受けられないことがあります。特に技能教習は、車や担当教官に空きがないと予約が入れられないため、実車をしてから次の教習までに何日が空いてしまうこともあります。また、仕事などの都合で継続的に通うことができなくなると、卒業までの期間がさらに延長されることにもなります。長い時間をかけながら取得に向けて努力することが必要となるため、体力的にも精神的にも余裕がないとなかなか続けられません。

合宿免許で運転免許を取得するには、2週間程度のまとまった休みは必要となりますが、入校する時点で、卒業試験までのスケジュールが組み込まれているため、その都度自分で予約を取る必要もなく、最短だと2週間ほどで卒業することが可能となります。短期間で集中して教習を受けるため効率的に学習を積むことができます。また、期間が短いだけでなく、費用も安く抑えることができるため、アルバイトで費用を捻出しようと考えている学生にもピッタリです。そういった時はキャンペーンや安いプランを紹介している合宿免許情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

運転免許取得までの流れ

Permalink

運転免許を取得するまでの流れには段階があります。まず、第一段階と呼ばれる教習をクリアすることが必須となります。第一段階では、最低10時限の学科教習を受講することとなっており、技能教習は、オートマチック車限定で12時限、マニュアル車で15時限の受講が必要となります。学科教習の始まりは「運転者の心得」であり、残り9時限については、特に受講する順番は決められていません。また、最初の技能教習は、シミュレーターによるものを実施している教習所もありますが、いきなり実車運転教習からスタートするところもあります。第一段階最終時限には、技量を確認するためのみきわめが実施されることになっており、これをクリアすると修了検定に挑戦することができ、仮免許試験への道が開くこととなります。

〇×方式による50問の学科試験をクリアすると仮免許が発行されます。これにより第二段階教習へ移行することとなり、16時限の学科教習及び19時限の技能教習を受けます。第一段階よりもよりレベルの高い教習内容となっており、全て受講するとみきわめが実施され、合格すると卒業検定を受けることができます。卒業検定は一般路上コースを使って実施され、教習所内において縦列駐車、方向転換のいずれかを行って検定試験が終了します。卒業検定試験に合格すると卒業証明書が交付され、住民登録をしている自治体の運転免許試験場で行われる適性検査と本免許学科試験に合格すると晴れて免許取得となります。

運転免許を取得するには

Permalink

自動車の運転免許を取得する方法にはいくつかありますが、最終的には住民登録をしている都道府県の運転免許試験場で試験を受けることになります。指定自動車教習所で規定の過程を履修して教習所での試験に合格すると技能試験が免除されることになるため、この方法により取得する方が多いようです。そのほか、未指定自動車教習所で練習のみを行ったり、直接試験場で一発試験を受けたりするものもあります。指定自動車教習所は、技能試験を受験することなく運転免許試験場での学科試験のみを受けることができる証明書を公安員会から発行することが認められている教習所です。これに対し、未指定自動車教習所は、偽の試験が免除されないため、運転免許試験場で仮免許、本免許の試験を受けることになります。

指定自動車教習所には、教習所に通学して免許取得を目指すもの合宿免許と呼ばれる教習所に近い宿泊施設で寝泊まりしながら短期間に集中して免許取得を目指すものがあります。通学の場合、1ヵ月~2ヵ月程度をかけて免許取得するのが一般的であり、長期にわたって通学できることが条件となります。学科講習や技能講習のスケジュールを自分で指定するところもあり、特に技能講習は、空きがないとなかなか実車することができずに待ち時間が長くなってしまうこともあります。合宿免許は、タイトなスケジュールにはなりますが、2週間程度の期間内に全てのカリキュラムが組み込まれるため、まとまった休みが取れる方には、短期間で費用が安いというメリットもあることからおすすめです。当サイトでは、運転免許の取得方法や流れについて、さらに詳しく解説します。ぜひご参考いただけますと幸いです。